日本語

System X

System X

レノボとIBMの相乗効果でお客様のさらなるイノベーションを実現するために! 2005年5月にレノボとIBMのPC事業が統合して誕生したレノボ・グループは、米国ノースカロライナ州と中国北京にに最大の拠点を構え、160以上の国に販売網を持つ、テクノロジーカンパニーです。主要な研究開発センターを、日本の神奈川県横浜市、中国の北京、上海、および深セン、米国ノースカロライナ州ラーレイに設置し、PC、サーバー、ストレッジ、モバイル・デバイスなどを開発、製造、販売しています。また、世界シェア1位(*1)のクライアントPC、世界第3位のシェアを持つタブレット端末など、エンタープライズ領域でもコネクテッドデバイスのリーディング・カンパニーの地位を獲得しています。...

続きを読む “レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 事業開始!”

福島からの挨拶 本年8月よりThinkPad開発部門である大和研究所を担当することになりました、福島 晃と申します。それに伴い公式ブログのオーナーという大役を、横田より引き継がせていただくことになりました。 長年ThinkPadの開発に携わってきましたが、2年強の中国赴任では急速に進化するIT環境において、お客様に新たな価値をスピードを持って提供するということを学びました。お客様に「これは使ってみたい!」と思っていただける機能・製品を、大和よりタイムリーに提案していきたいと思います。...

続きを読む “バトン 2”

ThinkPad Tablet 2

ThinkPad Tablet 2

3回目の開発者が語るThinkPad Tablet 2 - ユーザーエクスペリエンス・ハードウエアに続き、開発者たちの生の声をお届けします。 4回目は、ユーザーエクスペリエンスに直結するソフトウェア開発を中心に語ります。幻の700Cのデジタイザーペン・モデルと750TのデバイスドライバーやAPS (Active Protection System)の開発などの経験があるエンジニアと、Microsoftへの出向、BIOS開発や初代Tabletの開発などの経験があるエンジニア、ソフトウェア部門の2名にインタビューしました。   - Tablet 2のソフトウェア開発を終えた今の感想は?...

続きを読む “開発者が語るThinkPad Tablet 2 - ユーザーエクスペリエンス・ソフトウエア”

ThinkPad Tablet 2

ThinkPad Tablet 2

2回目の開発者が語るThinkPad Tablet 2 - 機構設計・工業デザインに続き、開発者たちの生の声をお届けします。 3回目は、ユーザーエクスペリエンスに直結する、タッチパネルやデジタイザーペンのハードウエア開発を中心に語ります。携帯電話のユーザー側に立った設計指標策定などの経験があるエンジニアと、LCDの回路設計からスタートし現在タブレット機のLCDを担当する、サブシステム部門の2名にインタビューしました。   - Tablet 2は画面が美しくタッチパフォーマンスが良いと評判ですね。 川北: 嬉しい事ですね。タッチ技術については以前から研究を進めてきたのですが、その成果がTablet 2には活かされています。...

続きを読む “開発者が語るThinkPad Tablet 2 - ユーザーエクスペリエンス・ハードウエア”

$1セールポスター

$1セールポスター

世界シェア1位を獲得と同時に、全商品$1セール!   現在レノボは首位に肉薄しており、セールは間もなくと期待しています。地球圏外のシェアは既に100%とも言われていますが、地球の皆様と記念すべき日に喜びを分かち合い、新たなる希望を胸に共に進んでいこうと思います。     ※ただし、発送はISS(国際宇宙ステーション)内のみとなっております。ご了承願います。

続きを読む “$1セール”