秋葉原でWindows 7の印象

リザー.アデナン

今週中にいくつかのLenovo Windows 7 Touch & Tryイベントのポストが出られました。共有することにしてお楽しみにしてください。

Linux CafeでWindows 7上の起動ビデオ.

Lenovo Windows 7 Enhanced Experienceが貼っているロゴ。

ThinkPad Clubフォーラムで共有するWindows 7 Launch

Touch and Try"機会。 今度も上倉賢さんはレノボ.ジャパンが秋葉原にてCafé Solare (Linux Café)で開催されたLenovo Windows 7 Touch & Tryイベントに関する写真と考え方を共有します。


賢上倉

Windows 7販売開始の週末、2009年10月24日から25日に東京の秋葉原にある、Café Solare リナックスカフェ 秋葉原店で、「レノボ Windows 7 パソコン タッチ&トライ イベント」が行われました。

win 7 event

今回のイベントは、ThinkPadやIdeaPadなどLenovo製Laptopが最新モデルを含め、ほぼフルラインナップ展示されました。一般の販売店では、ここまでの機種がそろうことはなく、ThinkPadやIdeaPadを選ぼうとしている方には、絶好の機会となりました。また、Windows 7に合わせて発表された「Windows 7 Lenovo Enhanced Experience」のデモなども公開され、Lenovoの最新の技術についてもよくわかる内容となっていました。 Lenovo製品の展示は単に展示しているのではなく、自分が試したい機種を十分に使えるようにほとんどの製品で、予約制をとっており、キータッチや性能、機能などを十分に堪能できるようになっていました。また、一般の店頭では扱われない、デュアルスクリーンのThinkPad W700ds、日本でも発表されたばかりで一般には発お披露目となるThinkPad T400s タッチパネルモデルや、NVIDIA ION搭載のIdeaPad S12なども展示され大変盛況でした。もちろん、製品をみて、さわれるだけではなく、Lenovoの担当者に直接質問できるので、ThinkPad T400sの分解モデルの前で、マニアック質問がされるなど、秋葉原ならではの光景も見られました。

Windows 7 Lenovo Enhanced Experienceは起動時間などを高速化する技術ですが、Enhanced Experienceでチューニング後の物と、していない物を同時起動して速度を比較するデモが行われました。Windows 7が起動するまでの時間は、約23秒と約32秒で同じOSでもかなり違うことがわかります。これは起動だけではなく、終了やサスペンドからの復帰などの時間でも効果があるとのことなので、注目の技術です。他にもThinkPad T400sタッチパネルモデルで導入された、SimpleTapのデモなども行われるなど、充実の内容となっていました。 Windows 7の発売で、パソコンの売り上げがどう伸びるかが、関係者の気になるところですが、少なくともこのイベントが行われた週末の秋葉原は、この近辺の販売店も含め非常に盛り上がっていました。